/

この記事は会員限定です

ディーゼル車買い替え・改修、独がメーカーに負担要請

数千億円規模

[有料会員限定]

【パリ=深尾幸生、ベルリン=石川潤】ドイツのメルケル政権は2日、大気汚染の原因となっている旧型のディーゼル車の買い替えと改修を促す新対策を決めた。14都市の最大140万台が対象で、奨励金を受け取って車を買い替えるか、環境性能を高める改修を受けるように保有者に求める。費用は独フォルクスワーゲン(VW)など自動車メーカーの負担で、数千億円規模に達するとみられている。

旧型車を新型やガソリン車に買い替...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1122文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン