/

この記事は会員限定です

首相「少子高齢化、改革挑む」

改造内閣が発足、改憲案の臨時国会提出めざす

[有料会員限定]

第4次安倍改造内閣が2日、皇居での認証式を経て発足した。安倍晋三首相は首相官邸で記者会見し「少子高齢化に真っ正面から立ち向かい、全ての世代が安心できる社会保障制度へと改革を進めていく」と表明した。憲法改正に関しては、秋の臨時国会への自民党改憲案の提出をめざす意向を改めて強調した。

内閣改造(総合2面きょうのことば)は2017年11月の第4次安倍内閣発足後は初めて。首相は記者会見で「それぞれのポジシ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り907文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン