/

この記事は会員限定です

演奏・研究こなす「二刀流」音楽家

[有料会員限定]

若手ピアニストの鐵(てつ)百合奈=写真=は、演奏と研究を高水準でこなす「二刀流」音楽家だ。高松国際ピアノコンクールなどで実績を残しつつ、研究面では昨年度、今年度の「柴田南雄音楽評論賞」を受賞。「音楽分析と演奏をどう直結させるかを常に考える」と話す。

中学まで香川県で過ごし、月に1回東京で練習した。しかし、在京の生徒に比べる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り163文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン