「50年は成り立つ施設に」 丸栄再開発を聞く 興和社長三輪芳弘氏 リニア時代へ 変わる名古屋 人の流れをつかむ(下)

2018/10/4付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

6月に閉店した百貨店、丸栄の親会社の興和は跡地の再開発について検討を重ねている。興和の三輪芳弘社長は日本経済新聞のインタビューで、丸栄跡地に建てる長期的な利用を見込む施設は「食やエンターテインメント」を鍵に「訪日外国人(インバウンド)や全国の人が集って楽しめる場所にしたい」と再開発の展望を語った。

――丸栄跡地の再開発計画は進んでいますか。

「古いビルを建て直さないといけない。丸栄は閉店したが、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]