/

この記事は会員限定です

カナダ首相、数量規制「車産業を保護」

新NAFTA巡り

[有料会員限定]

【ワシントン=鳳山太成、メキシコシティ=丸山修一】米国とカナダ、メキシコが北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉で妥結したのを受け、カナダのトルドー首相は1日、記者会見した。米政権が検討する自動車への高関税を巡り、数量規制を受け入れたことについて「カナダの自動車産業に対する重要な保護を獲得できてよかった」と正当性を主張した。

米国は乗用車輸入で年260万台までは高関税をかけないことでカナダと合意し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り209文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン