強まる管理貿易色 WTOルール骨抜きも

2018/10/2付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【ワシントン=河浪武史】米国とカナダ、メキシコによる北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉が決着した。1年強の交渉はトランプ政権の強烈な「米国第一主義」で推し進められ、北米の自由貿易体制は「管理貿易」へと大きく後退する。

「果実を得たのはトランプ米政権だけだ」。ワシントンのあるロビイストは苦々しく総括する。トランプ氏は貿易赤字を問題視し、2016年の大統領選でNAFTA再交渉を公約の柱とした。「離…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]