2019年2月20日(水)

南北、性急な非武装化 地雷除去に着手
合意履行、国連軍は全面同意せず 非核化置き去りの恐れ

2018/10/2付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【ソウル=鈴木壮太郎】韓国と北朝鮮の両軍は1日、軍事境界線にある板門店の共同警備区域(JSA)の地雷除去に着手した。9月の南北首脳会談に合わせて双方の国防相が署名した「軍事分野合意書」履行の第1弾。だが、非武装地帯(DMZ)を管轄する朝鮮国連軍司令部は合意書に全面的には同意していない。北朝鮮の非核化の段取りが定まらないまま南北の融和が先走り、韓国内でも懸念の声があがる。

地雷除去開始は韓国国防省…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報