/

この記事は会員限定です

マケドニア「改名」国民投票無効、EU加盟へ新たな壁

[有料会員限定]

【イスタンブール=佐野彰洋】バルカン半島にある東欧の小国マケドニアが欧州連合(EU)加盟に向け新たな壁に直面した。「北マケドニア共和国」への国名変更の賛否を問う9月30日の国民投票は投票率が規定に届かず無効となった。国名変更は隣国ギリシャとの対立を解消しEUに入るために必要。だが、国民投票で正当性を得るのに失敗したことで、反対する野党が勢いを強めそうだ。

国民投票で「北マケドニア共和国」への国名...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り734文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン