/

この記事は会員限定です

超高額医薬品 迫る「第2波」

白血病薬1回5000万円 年内にも上陸

[有料会員限定]

抗がん剤「オプジーボ」を上回る超高額医薬品の日本上陸が迫っている。米国で1回5200万円の値が付いた白血病治療薬の

医薬品医療機器法(薬機法)承認審査(総合2面きょうのことば)をノバルティスが厚生労働省に申請、年内にも承認される見通しだ。「1回約1億円」の薬も登場しており、こうした第2波が保険適用されれば医療保険制度を揺さぶりかねない。

ノバルティスの新薬は米国名で「キムリア」。免疫細胞を活用して白...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1527文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン