2018年12月16日(日)

売買代金、半年ぶり高水準 東証1部9月 中旬以降、活況に

2018/9/29付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

9月の株式市場で、東京証券取引所第1部の1営業日あたりの平均売買代金が前月よりも4340億円多い2兆6452億円となり、3月以来、半年ぶりの高水準となった。9月中旬以降、株式相場が上昇基調を強めるなかで商いが活況となり、売買代金が3兆円を超した日数も4営業日に達した。

28日はソフトバンクグループの売買代金が991億円と膨らんだほか、ソニーや任天堂などの主力株に買いが優勢となった。株価指数先物の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

株価4カ月連続上昇[有料会員限定]

2018/9/29付

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報