/

この記事は会員限定です

iPSで新薬評価用の小腸作製 富士フイルムなど

[有料会員限定]

富士フイルムは名古屋市立大学の松永民秀教授と共同で、人のiPS細胞から薬の吸収具合などを正確に再現できる小腸の細胞を作製した。新薬開発で使う研究評価用の細胞として有望という。

作製したのは小腸の内壁の表面部分にある「腸管上皮細胞」。体内では約20種類の酵素を分泌し、薬が小腸内に届くと分解して吸収している。新薬開発の現場では人の腸から作った細胞を使っているが、重要な酵素が体内と同じように働かず、薬の効...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り194文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン