2018年10月20日(土)

iPSで新薬評価用の小腸作製 富士フイルムなど

2018/9/30付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

富士フイルムは名古屋市立大学の松永民秀教授と共同で、人のiPS細胞から薬の吸収具合などを正確に再現できる小腸の細胞を作製した。新薬開発で使う研究評価用の細胞として有望という。

作製したのは小腸の内壁の表面部分にある「腸管上皮細胞」。体内では約20種類の酵素を分泌し、薬が小腸内に届くと分解して吸収している。新薬開発の現場では人の腸から作った細胞を使っているが、重要な酵素が体内と同じよ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報