2019年8月22日(木)

2020改正債権法(10)「瑕疵」を「契約不適合」に 売買の契約責任を明確に

2018/10/1付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

売買は最も身近な契約だ。もし購入商品に欠陥があったときに買い主はどのような救済を受ける権利があるのだろうか。

現行の民法(債権法)では欠陥を瑕疵(かし)と呼ぶ。売買の対象が、マンションや中古車のように物の個性に着目する「特定物」で、隠れた瑕疵があった場合にだけ、買い主に損害賠償や代金減額の請求、契約の解除を認めている。売り主はそれに応じる責任(瑕疵担保責任)がある。

ただ売買の対象が特定物かどう…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。