/

この記事は会員限定です

遺伝子組み換え表示、身構える食品

基準厳格化、コスト・「安心」板挟み

[有料会員限定]

最大5%含まれる可能性があるのに「遺伝子組み換えでない」との表記は誤解を生む――。消費者庁などが検討する表示基準の厳格化に食品業界が身構えている。原料となる農作物を輸入に頼るため混入リスクをゼロにすることは難しく、検査や調達のコストが跳ね上がりかねないためだ。「安全・安心」という看板をどう守り、消費者にどう伝えるべきか、業界に戸惑いが広がっている。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1258文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン