リーマン危機10年 首都圏どう変わった(5)銀座
「脱・高級」の新顔登場 訪日客・ファン下支え

2018/9/28付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

「あそこに見える土地が銀座のリーマン・ショックの象徴だった」

文明堂銀座店(東京・中央)の会長で、商店会などでつくる全銀座会幹部の岡本圭祐(64)は銀座1丁目の表通りに面した土地を指さした。

商業ビルが立つその土地はリーマン・ショック直後、開発を計画して土地を取得した企業の資金繰りが悪化。目抜き通りの一等地が約3年間買い手が付かず空き地のまま塩漬けになった。

「初めての光景」

「銀座はビルや土地が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]