/

この記事は会員限定です

日本郵便、海外企業の物流を一括受託

国内配送の新会社

[有料会員限定]

日本郵政グループの日本郵便は企業の物流を担う新会社を設立する。出荷や在庫の管理から配送までを手掛け、効率の良い物流を提案する。まず自動車やスポーツ用品などの海外ブランド大手から、日本国内の物流を請け負う計画だ。企業物流はインターネット通販を追い風に成長が続いており、他の物流大手との競争が激しくなる。

新会社「JPトール」を日本郵便と同社の完全子会社である豪トール・ホールディングスが折半出資して設立する。出...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り715文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン