2018年10月19日(金)

国際価格押し上げも タイ・ベトナム恩恵/日本産は望み薄

2018/9/27付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

フィリピンがコメ輸入を自由化することで世界のコメ貿易にも影響が出る可能性がある。

米農務省によると、2018年度のコメの世界生産量(精米ベース)は約4億9千万トンで、その1割が輸出される見通し。フィリピンの輸入量は100万トン強で、中国、ナイジェリアなどに次ぐ6位前後となりそうだ。

コメは大豆や小麦などほかの穀物と比べ、自国消費される割合が多く、貿易量の少なさから国際取引価格が変動しやすい。近年…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

フィリピン、コメ自由化[有料会員限定]

2018/9/27付

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報