/

この記事は会員限定です

アリバイ作りはやめよう

[有料会員限定]

近ごろの投手コーチはマウンドに行きすぎる。若い投手があっぷあっぷしている場面ならともかく、エース級の投手が投げているときに、何をアドバイスするのか。

昔の話になるが、江夏豊(阪神など)が投げているときに行ったコーチは「黙ってみとれ」とふり払われた、ということだ。

今の投手も態度には出さないが、内心ではうるさいなあと思っているだろう。「コーチとして、一応やることはやりました」というアリバイ作りのため...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り611文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン