2018年10月17日(水)

精密部品のキャステム、農業参入 トマトやイチゴ
定年後社員の受け皿に

2018/9/27付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

精密鋳造部品のキャステム(広島県福山市)は農業に参入する。沖縄県宮古島市に農業法人を設立してトマトなどを栽培するほか、広島県神石高原町でもイチゴ栽培に取り組む。これらの食材を使ったレストラン経営も目指す。事業の多角化を進め、同時に定年退職した社員の再雇用先として育てる考えだ。

宮古島にパニパニファームキャステムを設立した。「パニパニ」は方言で「元気」の意味。約7千平方メートルの土地を購入、雨量や…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報