/

この記事は会員限定です

公的年金、国内債投資減少へ

マイナス金利で

[有料会員限定]

公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は26日、運用の年度計画を変更したと発表した。25%を下限とする国内債券の投資比率を現預金などの短期資産と合算して判断する。結果として国内債投資が減る見通し。

日銀のマイナス金利政策の影響で国内債に投資しづらい環境が続き、足元の国内債は27%まで低下した。現行の下限25%を守るために、低金利の国内債への投資を続けることは不利益になると判...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り368文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン