テックビューロ支援「過半出資が条件」 フィスコデジタル社長

2018/9/27付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

仮想通貨交換事業を手がけるフィスコグループが仮想通貨の不正流出が起きたテックビューロ(大阪市)の金融支援に乗り出す。支援の主体となるフィスコデジタルアセットグループの田代昌之社長は日本経済新聞に、「株式の過半数の取得」が支援の条件になると明言した。業務の立て直しには経営権を握るのが不可欠とみており、月内の正式決定を目指す。

フィスコは約50億円を支援する計画。テックビューロの仮想通貨交換所「Za…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]