/

この記事は会員限定です

慰安婦問題、宙に浮く日本の拠出金

韓国大統領、財団解散に言及

[有料会員限定]

【ニューヨーク=恩地洋介】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は25日の日韓首脳会談で、従軍慰安婦問題を巡る2015年の日韓合意に基づき韓国政府が設置した「和解・癒やし財団」の解散に言及した。日本政府は財団に10億円を拠出し、多数の元慰安婦が財団を通じて支給金を受け取った。解散なら日本の拠出金が宙に浮き、合意の形骸化が進む恐れがある。

韓国側の説明によると、文氏は会談で財団について「国民の反対で正...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り235文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン