/

この記事は会員限定です

「なし崩し」本来の意味は? 理解2割止まり

○「少しずつ返していく」

[有料会員限定]

25日発表の文化庁の国語に関する世論調査で、「なし崩し」という言葉を「少しずつ返していくこと」という本来の意味で理解している人は全体の2割にとどまった。

「なし崩し」は「借金をなし崩しにする」などと使われる。国語辞典では本来の意味が最初に記述され、「なかったことにする」も併記されていることが多い。

「少しずつ返す」の意味だとしたのは19.5%で、どの年代でも20%前後にとどまった。「なかったことに...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り280文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン