日立、IoTへ苦渋の策
テレビ国内販売、ソニー製に 白物死守で足場

2018/9/26付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日立製作所は25日、テレビの国内販売から今秋に撤退すると発表した。これまでは日立ブランドの製品を販売してきたが、今後は日立の看板を掲げる系列販売店でソニーブランドのテレビを扱う。異例の判断の背景には、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」に傾注するなかで、消費者の生活と密着した冷蔵庫など白物家電の販売網を維持する意図がある。

日立のテレビブランド「Wooo(ウー)」の2017年の国内販売台数は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]