/

この記事は会員限定です

知財保護や過剰生産防止 政策の自己採点甘く

[有料会員限定]

【北京=原田逸策】中国政府が公表した対米貿易摩擦に関する「白書」は米国への厳しい批判が並ぶ一方、日米欧が懸念する知的財産保護や補助金政策への自己採点は甘い。25日の記者会見でも経済規模に見合う「大国」の責任を果たす意気込みは乏しかった。

国家知識産権局の賀化副局長は「中国の知財保護に力がないとの言論は全く根拠がない」と言い切った。特許件数や知財使用料の支払額の増加、自ら実施した「満足度調査」が根...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り440文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン