/

この記事は会員限定です

原発、地域経済に直結 伊方町長「正直ほっとした」

[有料会員限定]

四国電力の伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の再稼働が容認され、地元には経済浮揚を期待する声も多い。都市部を中心に原発不信は根強いものの、人口減に直面し地域をけん引する産業も乏しい地元にとって、40年間共存してきた伊方原発の再稼働は地域の活性化に直結するのが現実だ。

「地元の町長として正直ほっとしている」。決定直後に記者会見した高門清彦・伊方町長はそう率直な感想を述べた。

伊方町の2018年度の一般...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り607文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン