2019年8月26日(月)

料理療法で認知症改善
介護系施設で調理・接客 忘れた動き思い出す 顔明るく会話増える

2018/9/26付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

介護関連会社が運営するカフェや、デイサービスで料理療法を取り入れる動きが広がっている。食材を切ったり、盛りつけたりすると脳が活性化し、認知症予防や心身機能の改善に効果があるという。楽しいうえに、達成感が味わえると高齢者らに好評だ。

「よくいらしてくださいました。いつもありがとうございます」

長野県岡谷市にある「ぐらんまんまカフェ」。毎週火曜日のランチタイムに接客や料理を担当するのは70~90代の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。