/

この記事は会員限定です

iPS医薬、追う日本企業

大日本住友など実用化急ぐ 豪先行、産業育成へ正念場

[有料会員限定]

日本発の再生医療技術「iPS細胞」の実用化を巡り世界中の企業を巻き込む競争が激化している。目の難病治療の基礎研究などは国内でも進む一方、製品化ではオーストラリア企業が先行する。大日本住友製薬富士フイルムホールディングス(HD)も猛追するが、世界初のiPS製品で先を越される可能性は高い。関連産業が根付くのか正念場を迎えている。

「近く次に進みます」。8月、オーストラリアの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1489文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン