/

この記事は会員限定です

漢方が救う高齢者治療

認知症・循環器疾患・歯科…安価で副作用少なく

[有料会員限定]

超高齢社会を迎え、日本で独自の進化を遂げた漢方医療が存在感を高めている。認知症や歯科・口腔(こうくう)内疾患の治療に取り入れられ、老年症候群の治療でも研究が進む。安価で比較的副作用が少ないとされ、西洋医学が不得意な部分を補うとともに、多くの疾患を抱える高齢者の健康を包括的に支え、伸びが著しい医療費の節減にもつながると期待されている。

循環器疾患

5年前、心筋梗塞で神戸海星病院に救急搬送された山田...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1573文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン