/

この記事は会員限定です

iPSから血小板 再生医療の計画了承

京大、1年以内に実施

[有料会員限定]

厚生労働省の専門部会は21日、iPS細胞を用いて血小板が減る難病を治療する京都大学の臨床研究計画を了承した。他人の血小板を輸血できない特殊なタイプの患者が対象で、1年以内の実施を目指す。目や心臓、脳の神経に続き、実際に患者に移植する再生医療の研究が広がってきた。

iPS細胞を使う再生医療で人への投与が認められた研究のうち、血液成分を使うのは初めて。今後は高齢化で献血が減るという予想もあり、白血病...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り729文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン