/

この記事は会員限定です

「強打の大坂」データで磨き

女子テニス、日本人初の四大大会制覇 チーム一丸、多様な支え

[有料会員限定]

テニスの全米オープン女子シングルスを大坂なおみ選手(20)が制し、日本人で初めて四大大会のタイトルを獲得した。「将来の女王」と言われた逸材も過去最高は16強。一気に駆け上がった背景にはデータの分析力に加え、選手の個性にかなったスタッフらの多様な支えが大きかった。

全米優勝から1週間、大坂選手は東レ・パンパシフィック・オープンに戦いの場を移した。ドイツ人コーチのサーシャ・バイン氏も、対戦相手などの情...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1449文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン