燃料高、物流企業を直撃 過当競争続き 転嫁は進まず

2018/9/22付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

原油高に伴う燃料価格の上昇が陸運や海運といった物流業界の採算を圧迫している。貨物船やトラックで使う重油や軽油の値上がりで物流各社は運賃への転嫁を急ぐが、荷主の抵抗は強く浸透は一部にとどまっている。特にトラック業者は人手不足で人件費も増えている。燃料価格の高止まりが続けば中小業者の廃業が進む可能性がある。

「自分たちでは制御できないコスト。とても吸収しきれない」。海運大手幹部は渋面を浮かべる。貨物…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]