2018年10月16日(火)

鉄道車両も環境シフト 独シーメンスや仏アルストム 蓄電池駆動や水素燃料

2018/9/22付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【ベルリン=牛山知也】自動車に続き鉄道車両でも環境負荷を減らす動きが広がってきた。独シーメンスは2019年に蓄電池で駆動する新型車両を投入する。仏アルストムは燃料電池で動く鉄道車両が営業運転を始めた。もともと環境に優しいとされる鉄道車両だが、欧州ではディーゼルエンジンで動く車両も多く、新技術を生かした環境対応が進む。

ドイツ・ベルリンで21日まで開催した世界最大の鉄道ショー「イノトランス」。2年…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報