2018年11月20日(火)

ゲノム編集 期待と不安(下)遺伝性の難病治療に道 日本の制度づくり 海外に遅れ

2018/9/24付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

自治医科大学(栃木県下野市)の研究室にある飼育ケースの中を動き回るマウス。遺伝子の一部の変化によって起こる難病「X連鎖重症複合免疫不全症」を、画期的な遺伝子改変技術「ゲノム編集」を使って治したものだ。感染症になりやすい体質を変えることに成功した。この病気は骨髄移植しか治療法がないが「ゲノム編集ならば、副作用を抑えた治療を実現できるかもしれない」と花園豊教授は期待する。

狙った遺伝子を正確に改変す…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報