/

この記事は会員限定です

近代文学の老舗、春陽堂が再出発 蓄積生かし久々の新作も

[有料会員限定]

尾崎紅葉『金色夜叉』、夏目漱石『三四郎』など近代日本文学を代表する小説を刊行してきた出版社、春陽堂書店(東京・中央)が今年で創業140年を迎え、新たな出発を模索している。ウェブサイトでエッセーや小説を掲載し、近年ほとんど途絶えていた新作の刊行を始める。全集を編さんするなどゆかりのある自由律の俳人、種田山頭火の名前を冠した賞を創設。坂口安吾の歴史小説に光を当てたシリーズの刊行など、老舗版元の伝統を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り719文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン