/

この記事は会員限定です

きたれ科学者、米政界へ

米国版編集長 ジリアン・テット

[有料会員限定]

米国で中間選挙がある今秋、国政に関する衝撃的な数字が多く出てくるだろう。連邦議員535人のうち、自然科学分野の経歴を持つ議員が2人しかいないことはもっと注目されていい。物理学者のビル・フォスター下院議員(民主党、イリノイ州)と化学者のジョン・ムールナー下院議員(共和党、ミシガン州)だ。

なぜ問題なのかは気候変動や人工知能(AI)、生命科学などの領域で、合理的で科学的根拠に基づいた意思決定がかつてな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1138文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン