/

この記事は会員限定です

宮村製麩所 「正直な商売」食文化守る

[有料会員限定]

長さ2メートルの金属棒に小麦粉からつくったタンパク質のグルテン生地を巻き付けて繰り返し焼き上げる。手間のかかる4回巻きの車麩(くるまぶ)は、今や新潟県内でも数社しかつくっていない。新発田市で1902年(明治35年)に創業した宮村製麩所は車麩と生麩(なまふ)づくりで新潟の食文化の一端を支えている。

だしのうま味を吸い込んだ車麩はプリプリの食感と腹持ちのよさが売り物だ。保存が利く焼き麩を使った煮物は昔...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1101文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン