/

この記事は会員限定です

自動運航船のルール整備 海保など実用化にらむ

海上衝突予防法など検討/安全性を確保

[有料会員限定]

無人で航行する「自動運航船」の実用化を見据え、海上保安庁や国土交通省は海上交通の新たなルール作りに着手した。船舶の航行に関する現在の法令は人が操舵(そうだ)することを前提としており、自動運航船の活用には告示の改正や安全確保策が必要になる。海保などは安全な利用に向けて法令の整備を急ぐ。

自動運航船はセンサーや人工知能(AI)を備え、陸地から遠隔操船したり外洋を自動で航行したりすることができる。操船ミ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り592文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン