/

この記事は会員限定です

中国、対米圧力に企業動員 制裁関税に対抗

アリババ、「100万人雇用」撤回 国有石油、LNG調達先代替

[有料会員限定]

【北京=多部田俊輔、上海=松田直樹】トランプ米政権による対中制裁関税第3弾の発動決定を受けて、中国企業が米国との関係を見直し始めた。中国ネット大手のアリババ集団は米国での100万人雇用創出計画を撤回、中国石油大手は米国に代わる液化天然ガス(LNG)の調達先を確保した。米国への報復関税の対象が上限に近づくなか、中国政府が自国企業を使って米国に圧力をかけ始めたとの見方もある。

アリババの馬雲(ジャック...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1363文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン