/

この記事は会員限定です

中小と取引 知財軸に

地域金融機関、目利き力磨く 専門家と有望性を評価/融資や経営指南に活用

[有料会員限定]

地域金融機関が中小企業などの持つ知的財産を切り口に多様なサービスに取り組み始めた。専門家の力を借りて特許などの有望性を評価し、融資の判断材料や経営指南につなげる。知財評価の目利き力を高めようと体制を見直す動きもある。担保や保証に依存しない金融サービスが広がれば独自技術を持つ企業の育成を後押ししそうだ。(編集委員 渋谷高弘)

「海外進出に向けた資金が調達できた」。段ボール製造ラインの検査装置を作る...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1641文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン