/

この記事は会員限定です

再生エネファンド 立ち上げ

トヨタ出資 300億円規模狙う

[有料会員限定]

トヨタ自動車と投資会社のスパークス・グループは19日、再生可能エネルギー発電に投資するファンドを立ち上げると発表した。スパークスが今年11月から運用を開始するファンドに、トヨタが100億円を出資する予定だ。他の投資家も募り300億円規模のファンドを目指す。電動車の普及などが進む中、再生エネルギーのインフラ整備を支援する狙いがある。

ファンド名は「未来再エネファンド」。日本国内で太陽光や風力、バイオマス、地熱などの幅広い発電所のプ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り407文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン