再生エネファンド 立ち上げ トヨタ出資 300億円規模狙う

2018/9/20付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

トヨタ自動車と投資会社のスパークス・グループは19日、再生可能エネルギー発電に投資するファンドを立ち上げると発表した。スパークスが今年11月から運用を開始するファンドに、トヨタが100億円を出資する予定だ。他の投資家も募り300億円規模のファンドを目指す。電動車の普及などが進む中、再生エネルギーのインフラ整備を支援する狙いがある。

ファンド名は「未来再エネファンド」。日本国内で太陽光や風力、バイ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]