豊田合、純利益を下方修正 今期5%増、米訴訟和解成立で

2018/9/20付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

豊田合成は19日、2019年3月期の連結純利益が前期比5%増の225億円になる見込みだと発表した。26%増の270億円だった従来予想から増益幅が縮小する。自動車ディーラーなどが14年に米連邦地方裁判所に提起していた集団民事訴訟で、和解金5900万ドル(約66億円)を支払うことが決まり、業績予想に織り込んだ。

豊田合成は14年11月、米国で自動車部品の販売に関わる米独占禁止法の違反があったとして、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]