「米中摩擦で打撃」米社7割 米民間団体調べ

2018/9/20付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【ワシントン=鳳山太成、北京=原田逸策】米中貿易摩擦が中国で活動する米国企業に打撃を与えている。中国に進出する米企業で構成する米中ビジネス評議会が18日にまとめた報告書によると、73%の企業が投資を遅らせるなどの影響があると答えた。クレイグ・アレン会長は「米中両政府は関税ではなく交渉で解決してほしい」と安定した事業環境を求めた。

同評議会はアップルやゼネラル・モーターズ(GM)といった製造業や小…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]