/

この記事は会員限定です

中国首相、対米摩擦の対話解決訴え

人民元下げ否定、市場開放も約束

[有料会員限定]

【天津=原田逸策】中国の李克強(リー・クォーチャン)首相は19日の天津での講演で「自由貿易の基本ルールを守る。問題があれば協議で解決する。単独主義では解決策を見いだせない」と訴えた。米国を念頭に対話による貿易摩擦の解決を呼びかけた発言だ。人民元の切り下げを否定し、対外市場開放や知的財産保護を約束するなど、圧力を強める米国を意識した発言が目立った。

世界経済フォーラムが開いた夏季ダボス会議での講演。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り807文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン