/

この記事は会員限定です

ビート、経営権争い激化

香港仮想通貨企業の提案に対抗 豪金融の出資案も提示

[有料会員限定]

東京証券取引所第2部の上場企業、ビート・ホールディングス・リミテッドの経営の主導権を巡る攻防が激しくなっている。10月5日の臨時株主総会は、同社への出資を狙う香港籍の仮想通貨会社の株主提案に、他社との友好的な資本提携を模索するビートが対抗する構図となる。争奪戦の行方次第ではビートが突然、仮想通貨会社に変貌する可能性もある。

株主提案を出しているのは仮想通貨関連事業を手がけるノア・アーク・テクノロジーズだ。すでにビート社の株式を約1割...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り917文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン