/

この記事は会員限定です

プラごみ削減、条例検討

小池知事、議会で所信表明

[有料会員限定]

小池百合子東京都知事は19日に開会した都議会第3回定例会の所信表明で、プラスチックごみ削減について「条例による対策の推進も視野に、都として進めるべき施策を検討する」と述べた。プラごみによる海洋汚染が世界的に問題となっており、都としてごみの削減やリサイクルの推進に向け、条例をもとに対策を本格化させる考えだ。

知事は各地での地震や豪雨に触れ「土砂災害対策、停電対策、外国人への情報発信の強化などのスピー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り314文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン