/

この記事は会員限定です

アマゾン、新興企業狙う グーグルはAI活用支援

米系クラウド、日本で一段と攻勢

[有料会員限定]

日本のクラウドサービス市場で米IT(情報技術)大手による寡占が鮮明だ。米アマゾン・ドット・コムは19日、スタートアップ企業のクラウド活用を支援する新施設を公開。米グーグルも同日、顧客の課題を共同で解決するサービスを打ち出した。富士通など日本のIT大手は産業界のクラウドシフトを見誤り、競争力を失った。アマゾンは巨額投資を繰り返し67回の値下げを実施、顧客基盤を固めようとする。

クラウドサービスはデータをや...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1184文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン