グーグル、7年ぶり首位 企業ブランド調査 「独自性」「ビジネス」存在感

2018/9/19付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日経リサーチは消費者やビジネスパーソンが企業ブランドをどのように評価しているかを多角的に分析し、2018年版「ブランド戦略サーベイ」として調査結果をまとめた。総合得点の首位には7年ぶりにグーグルが返り咲いた。上位にソニー、日本マイクロソフト、パナソニック、アップルジャパンが入り、日米の電機・IT(情報技術)系企業の存在感が強まっている。(詳細を19日付の日経産業新聞、日経MJに)

グーグルは10…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]