/

この記事は会員限定です

胎児の心臓、AIが診断

理研など 疾患、精度96%で判定 20年度にも実用化目指す

[有料会員限定]

理化学研究所と富士通、昭和大学の研究グループは胎児の心臓の異常を人工知能(AI)を使って判定する技術を開発した。胎児の超音波画像に映る心臓と血管の位置などをAIに学ばせると、96%の精度で先天性心疾患を判定できた。2020年度にも医療機器として実用化を目指す。

先天性心疾患は全出生児の1%にあたる年間1万人が患う。胎児の心臓を調べる超音波診断は専門医の知識が必要で、約約4割の胎児は出産前に見つけ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り331文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン