/

この記事は会員限定です

驚き凝縮 小さな科学館

10年節目に休館 子どもも大人も一緒に考え歩んだ場所 森裕美子

[有料会員限定]

神奈川県逗子市の住宅街にある私設科学館、理科ハウス。延べ床面積100平方メートルほど、30人も入ればいっぱいになる「世界で一番小さな科学館」には手作りの実験装置やパズル、資料が所狭しと並び、子どもから大人まで来館者が頭をひねる。

▲ ▲ ▲

2人で運営

2008年に開館し、私と学芸員の山浦安曇の2人で運営してきた。来館者は10年で延べ3万8000人。惜しんでくださる人は多いが、今月9日で一時休館し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1420文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン