/

この記事は会員限定です

自己分析 出した結論 僕は誰?

サラリーマン川柳「就活編」学生の苦悩詠む

[有料会員限定]

「自己分析 出した結論 僕は誰?」――。第一生命保険は18日、恒例の「サラリーマン川柳」の番外編として、来春入社する学生が就職活動を振り返って詠んだ優秀作18句を発表した。面接対策や自己PRに頭を抱え、苦労の末に出た内定を喜ぶ気持ちを表現した。

企業説明会に向かう服装の悩みを詠んだのは「私服可は 天国地獄の 分かれ道」。就職活動で生まれた略語を使った「『ガクチカ』が 辞典に載る日は ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り193文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン